シクラメンの特徴と豆知識

シクラメンの画像 シクラメンの画像

シクラメンの画像 シクラメンの画像


 シクラメンの特徴と豆知識

 ●このページでは、個性豊かなシクラメンの特徴と豆知識についてご紹介しています。(当サイトのすべてのページは、本文下のページリンクからご覧頂けます。)

スポンサーリンク



 シクラメンの特徴と豆知識


 ● シクラメンとは?

 シクラメン(Cyclamen)は、地中海沿岸地域の山地に自生するサクラソウ科シクラメン属の多年草とその改良品種(園芸品種)で、単にシクラメンといえば、主に園芸用に品種改良されたペルシカム種とその系統品種を指します。

 冬の初めから春先にかけて開花期を迎えるシクラメンは、冬の鉢花の代表的存在として、園芸初心者から愛好家まで広く愛されている草花です。


 シクラメンには、花屋さんの店先でよく見かける一般的なペルシカム種とその系統品種以外にも、戸外でも育てられる耐寒性のガーデンシクラメン(ミニシクラメン)や、山野草のような清楚で可憐な魅力を持つ原種シクラメン、そして心地よい香りを持つ芳香シクラメンなど、様々な種類があります。

魅力いっぱいのシクラメンの楽天人気ランキングはこちらからご覧いただけます。


 ● 園芸用シクラメンの起源

地中海沿岸地域の地図

 園芸品種のシクラメンは、もともと地中海沿岸地域の山地に自生するサクラソウ科の原種シクラメンを基に、様々な品種改良を重ねて作り出されました。

商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。

山野草:原種シクラメン コウム(コーム)
価格:648円(税込、送料別) (2016/7/21時点)


 そしてその多くは、18世紀頃のドイツを中心としたヨーロッパ諸国で生まれ、19世に入ると、それまでに無かった大輪系の品種も加わり、さらにバリエーションが広がっていきました。

清楚で可憐な原種シクラメンの一覧はこちらからご覧いただけます。


 ● シクラメンのライフサイクル

 草花は、発芽の後、茎や葉を伸ばして生長する栄養生長期、花を咲かせ種子をつくるなどの子孫を残すための活動をする生殖生長期を経て、枯れて土に帰る、もしくは休眠期を迎えるという一生を送ります。これを植物のライフサイクルといいます。

 シクラメンは、品種や夏越しのしかたによっても多少違ってきますが、日本では冬の寒さが一段と厳しさを増す11月頃から翌春の4月頃まで開花し、夏の間休眠するというライフサイクルを持っています。


 ● シクラメンの花色

 シクラメンの花色は、おなじみの白、赤、紫、ピンクをはじめ、複数の花色を持つ品種などがあります。また、花の咲き方も、フリンジ咲きなど個性豊かな品種がたくさんあります。


 ● ガーデンシクラメンとは

商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。

【送料無料】ガーデンシクラメン 植栽セット(5個入り)
価格:3500円(税込、送料無料) (2016/7/21時点)


 シクラメンは、鉢植えで楽しむ品種だけでなく、戸外で育てることもできる耐寒性のある小型の品種もあります。

 こうした、戸外で育てられる耐寒性のある小型のクラメンのことをガーデンシクラメン(ミニシクラメン)といいます。

 ガーデンシクラメン(ミニシクラメン)は、寄せ植えやグラウンドカバーとしても楽しむことのできるシクラメンとして、ガーデニング愛好家の間でも高い人気があります。

魅力いっぱいのシクラメンの楽天人気ランキングはこちらからご覧いただけます。

清楚で可憐な原種シクラメンの一覧はこちらからご覧いただけます。

 ●シクラメンの育て方にはコツがあります。当サイトでは、シクラメンの上手な育て方と、シクラメンの花を美しく咲かせるコツをわかりやすくご紹介しています。当サイトのすべてのページは、本文下のリンクからご覧いただけます。どうぞご利用ください。


スポンサーリンク



シクラメンの豆知識



スポンサーリンク



シクラメンの育て方1


シクラメンの育て方2


 


スポンサーリンク



シクラメンの育て方のトップページへリンク集
運営者情報個人情報保護方針

Copyright(C) シクラメンの育て方 All rights reserved
inserted by FC2 system