シクラメンの鉢選びと底面給水鉢

シクラメンの画像 シクラメンの画像

シクラメンの画像 シクラメンの画像


 シクラメンの鉢選びと底面給水鉢

 ●このページでは、シクラメンの鉢選びと底面給水鉢についてご紹介しています。(当サイトのすべてのページは、本文下のページリンクからご覧頂けます。)

スポンサーリンク



 シクラメンの鉢選びと底面給水鉢


 ● 底面給水鉢とは?

 花屋さんの店先やホームセンターの園芸コーナーなどに並んでいる鉢植えのシクラメンは、多くの場合、鉢底にトレーのようなものを取り付けた鉢に入れられて販売されています。

 このトレー付きの植木鉢のことを”底面給水(ていめんきゅうすい)鉢”と言います。底面給水鉢は、鉢底に取り付けられたトレーに水を注ぎ足すだけで、シクラメンの水遣りができる、とても便利な植木鉢です。


 底面給水鉢は、通常の植木鉢と、水を貯めておくトレーが一体となった構造で、鉢底に取り付けられた給水用のフェルト(もしくは布片)の毛細管現象を利用して、トレーから水を吸い上げ、土に水分を供給できるようになっています。


 ● シクラメンに底面給水鉢が多く使われる理由

 では、なぜシクラメンは、普通の植木鉢とは違う鉢に入れられているのでしょう? その理由は、シクラメンの水に対するとてもデリケートな特性にあります。

 シクラメンは、塊茎(球根状の茎)や葉に水がかかると、とても傷みやすい性質を持っています。ですから、普通の草花と同じような方法で、葉や塊茎(球根状の茎)を濡らしてしまうと簡単に弱ってしまったり、悪くすると塊茎(球根状の茎)が腐ってしまったりするのです。

 そこで、鉢底から水を土に染み込ませてシクラメンに水分を補給する”底面給水法”という方法が考え出されました。鉢底から土に水を浸透させれば、塊茎(球根状の茎)や葉に水がかかってしまう心配は無いわけですね。


 ● シクラメンに普通の鉢を使うときの注意点

 もちろん、シクラメンを鉢植えで育てるには、何が何でも底面給水鉢でなければならないというわけではありません。お気に入りの植木鉢があれば、その鉢でシクラメンを育てても大丈夫です。

 ただし、その場合、水遣りの際には、葉や塊茎(球根状の茎)に水がかからないように、濡らさないように注意しなければなりませんし、水の与えすぎもシクラメンにダメージを与えますから、水遣りのタイミングを見極めるのも難しく感じるかもしれません。

 もし、買い求めたシクラメンの鉢植えが、普通の植木鉢に入れられていたときには、底面給水鉢に植え替えてみる、というのも良い方法です。

商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。

山野草:原種シクラメン コウム(コーム)
価格:648円(税込、送料別) (2016/7/25時点)


魅力いっぱいのシクラメンの楽天人気ランキングはこちらからご覧いただけます。

清楚で可憐な原種シクラメンの一覧はこちらからご覧いただけます。

 ●シクラメンの育て方にはコツがあります。当サイトでは、シクラメンの上手な育て方と、シクラメンの花を美しく咲かせるコツをわかりやすくご紹介しています。当サイトのすべてのページは、本文下のリンクからご覧いただけます。どうぞご利用ください。


スポンサーリンク



シクラメンの豆知識



スポンサーリンク



シクラメンの育て方1


シクラメンの育て方2


 


スポンサーリンク



シクラメンの育て方のトップページへリンク集
運営者情報個人情報保護方針

Copyright(C) シクラメンの育て方 All rights reserved
inserted by FC2 system